吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

〜室町時代

平安時代

●AD789 – AD1191頃 僧侶が政治に介入し仏教は堕落 → 代わって山上仏教が興隆

795 報恩大師が没する報恩大師産湯の井戸
1129 備前の守平忠盛が瀬戸内海の海賊を追討した
1132 平忠盛が内昇殿を許された
1159 平治の乱 - この頃、備前の難波経遠(なんばつねとう).備中の妹尾兼康(そのおかねやす)らが平家の家人として活躍
1168 御野堰料(六丁樋のこと)という言葉が残る座主川用水
1169 この年に作られた備中足守庄絵図が神護寺に現存
1175 法然が浄土宗を開く
1177 鹿ヶ谷事件により藤原成親(ふじわらのなりちか)が備前に流され殺された藤原成親遺跡、成親供養塔
1179 関白藤原基房(ふじわらのもとふさ)が備前湯迫(ゆば)に流される
1180 妹尾太郎兼康が南都の騒乱の鎮圧に出向く
東大寺炎上 - 翌年.俊乗坊重源(しゅんじょうぼうちょうげん)が造東大寺の大勧進職になる
1183 妹尾兼康、木曽義仲軍と戦い討ち死に辛川合戦、笹ヶ瀬古戦場
1184 佐々木盛綱が平行盛を藤戸に破る
1191 栄西(えいさい)が中国から帰国して禅宗(ぜんしゅう)(臨済宗(りんざいしゅう))を広める

鎌倉時代

●AD1185 – AD1333頃 源頼朝が鎌倉に幕府を開き、北条高時の滅亡に至るまで

1193 備前国が造東大寺の知行国となる→吉備津宮常行堂跡
1206 俊乗坊重源死す - 86歳
1211 快慶が牛窓町千手東寿院の阿弥陀如来像を作る
1212 浄土宗の開祖法然死す - 80歳
1214 栄西が「喫茶養生記」をあらわす
1215 臨済宗の開祖栄西死す - 75歳
1221 承久の変 - 後鳥羽上皇の応じ頼仁親王が備前児島に流される
1262 円爾弁円が臨済宗を備中にひろめ井山宝福寺が県下初の禅寺として開創
1264 頼仁親王が備前児島の配所で死す
1278 時宗の開祖一遍上人が備前地方に遊行布教
1285 英田町の長福寺に三重塔建造 - 県下最古の三重塔
1332 後醍醐天皇が隠岐遷幸の途次、児島高徳が院庄で桜樹を削り忠臣を奏上
1333 松田盛朝が備前守護になる

南北朝時代

●AD1336 – AD1392頃 南朝(大覚寺統)と北朝(持明院統)とが対立抗争した時代

1336 足利尊氏は京都に敗れ九州へ、これを追って新田郡が備前に、児島高徳も熊山に挙兵
1336 足利直義の軍勢が新田の先方大井田氏経を備中福山城に破る唐川の宿
1336 後醍醐天皇が吉野に皇居をうつし、南北朝の対立がはじまった
1341 大覚大僧正の布教により、法華宗が県下に普及しはじめる大覚堂
1350 柵原町の本山寺の本堂が造営される
1371 備前福岡は繁華な商業集落として都市的な発達が進む
1392 南北両朝が合一した

室町時代

●AD1392 – AD1573頃 足利氏が政権を握り京都室町に幕府を開いた時代

1420 画僧雪舟が備中赤浜に生まれる
1425 備中吉備津宮の現存の本殿(国宝)と拝殿(国宝)が造営される
1467 応仁の乱勃発
1467 画僧雪舟が明国に留学
1471 備前吉備津宮の門前町が発達しはじめる
1484 山名の軍勢が備前守護代浦上基景を福岡城に破る - このとき、松田元成は討ち死に
1506 画僧雪舟が死す - 87歳
1534 宇喜多能家が邑久郡砥石城で島村豊後守の襲撃を受けて自殺
1549 宇喜多直家が邑久郡乙子城から上道郡奈良部城へ本拠を移す
1562 金川城主松田氏によって備前吉備津宮は焼かれる呼び坂、散迫峠
1566 金川城主松田氏の強力な保護により備前法華宗の教線が伸びる
1568 宇喜多直家が金川城を落とし松田氏は滅びる

 

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.