吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

ことばの解説

磐座
いわくら
祭祀の対象である岩、古事記では石位、日本書紀では磐座と表記。
陰徳積善
いんとくせきぜん
人に知らせずにする善行のこと。福田海の教え。
温羅
うら
吉備津彦命に征伐された鬼神。歴史ではなく伝承。百済から来て吉備国を繁栄させ「吉備の冠者」と呼ばれる。吉備津彦命との戦いは面白い。
吉備津彦命
きびつひこのみこと
第七代孝霊天皇の皇子。彦五十狭芹彦命(日本書紀)。古事記には「大吉備津日子命」。四道将軍として吉備国に派遣される。
経塚
きょうづか
仏教の経典を地中に埋納した遺跡。平安時代中頃から作られるようになり、聖なる山に多くある。
御陵
ごりょう
天皇・皇后・皇太后・太皇太后を葬る墓に使うもの。第七代孝霊天皇の皇子である吉備津彦命の墓には、この名はあてはまらない。
修験道
しゅげんどう
原始的山岳信仰と仏教の密教的な信仰が合わされた宗教。山に登り修行を積み呪力を得る。奈良時代の役小角が開祖。
特殊器台
とくしゅきだい
円筒埴輪の元になったもので、裾が広がっている。吉備でつくられ弥生時代後期から古墳時代前期の古墳に見られる。立坂型→向木見型→宮山型。
布目瓦
ぬのめかわら
瓦を作るとき型の上に用いた布目が残った瓦。鎌倉時代以前の物が多い。
八大龍王
はちだいりゅうおう
法華経に登場し仏法を守護する龍族の八王。雲を呼び雨を降らせる力を持ち農耕社会で大切にされた。難陀、跋難陀、娑伽羅、和修吉、徳叉伽、 阿那娑達多、摩那斯、優鉢羅。
平家物語
へいけものがたり
平家の栄華と没落を描いた軍記物語(鎌倉時代に成立したと思われる)
藤原成親
ふじわらなりちか
平安時代末期の廷臣、大納言。平家追討を謀って清盛に捕らえられ、備前と備中の境の有木別所で殺害される。

 

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.