吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

56-赤木格堂・平賀元義の碑

56-赤木格堂・平賀元義の碑

句碑と歌碑

赤木格堂(亀一1879〜1948)は、岡山市南区小串で生まれ、東京専門学校(現早稲田大学)入学のため上京し、すぐに正岡子規を訪ね門下生となり、早期に才能を認められた。大正6(1917)年に衆議院議員、その後小串の村長を務めた。
石碑の句は『名月や 草よりおこる 笛の声』
平賀元義(1800〜1865)は、幕末の万葉調歌人。玉島生まれ。岡山藩の藩校で学んだのち脱藩。吉備津彦神社に滞在し和歌を探求。のちに赤木格堂が正岡子規に紹介し、明治34(1901)年「新聞日本」で「万葉の真価を認めて万葉調の歌を残したるもの、実に備前の平賀元義ひとりのみ」と子規が絶賛し、全国に名を馳せた。
石碑の歌は『吉備津彦 神の社の もみぢ葉は 弥ますますに 色濃くなりぬ』

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.