吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

54-鼻ぐり塚

54-鼻ぐり塚

鼻ぐり塚

福田海の境内に6世紀後半の横穴式石室古墳があり、その上に供養のために牛の鼻ぐり(鼻輪)が積み上げられている。鼻輪は牛を人間の都合で動かすもので、牛には迷惑なものである。牛霊をこの束縛から解き放つために、鼻輪にのこぎり目を入れ700万個を越える数が納められている。4月第3日曜日には、畜類供養のため鎮魂祭が行われている。石室の中には、真鍮製の鼻輪を溶かして造った阿弥陀仏の名前を刻んだ金属板、塚の正面には馬頭観世音菩薩が祀られている。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.