吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

49-栄西禅師誕生地

49-栄西禅師誕生地

栄西誕生の地

明菴栄西は、永治元(1141)年吉備津神社の権祢冝 賀陽貞遠の子として誕生。吉備安養寺、伯耆大山寺、延暦寺などで天台宗、密教などを学び、日本の仏教を立て直すべく二度にわたり南宋に留学し、禅宗(臨済宗)を伝えた。鎌倉幕府の庇護を受け、建仁寺(京都)をはじめ多くの寺を創建した。宋から茶を持ち帰り「茶祖」としても知られている。「喫茶養生記」は名高い。建永元(1206)年俊乗房重源の後を継いで東大寺勧進職に就任。建保3(1215)年75才で入滅した。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.