吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

46-御釜殿

46-御釜殿

御釜殿

御釜殿の釜の下には、吉備津彦命に成敗された温羅の首が埋葬されているとされ、占いが行われている。吉備津神社で祈祷をお願いすると、祈祷所で祈願がなされ、次に御釜殿でその祈願が聞き届けられるかどうかの『占い』がある。阿曽女という白衣の女性が釜の背後に位置し、占いの儀式を行う。釜が「うお~ん」と高らかに鳴れば「吉」、鳴らなかったり低かったりしたら「凶」。この神事は江戸時代の国学者・上田秋成の「雨月物語」の中で「吉備津御釜」として書かれている。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.