吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

44-伝 賀陽氏館跡

44-伝 賀陽氏館跡

伝 賀陽氏屋敷跡

新宮社跡のすぐ西にあり、地元の人は「城」と呼んでいる。かなり広い範囲の土地が付近の土地より高く、堀で囲まれており中世の豪族の館跡とされている。賀陽氏は備中国の最有力者であり、備中吉備津宮の祭祀権も握っていた。この遺跡が賀陽氏館跡だとすれば、古い時代には新宮が備中吉備津宮であった可能性が高いことになる。新宮社跡地付近の地名は東山、西の楯築遺跡は西山と呼ばれている。そして背後の山からは弥生時代の遺物が出土、またすぐ西側に「吉備東山遺跡」があるなど、古くからこの館跡付近は非常に重要な場所であったと考えられる。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.