吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

43-真如院

43-真如院

真如院

東林山明仙童寺真如院。現在は天台宗の寺院だが、かつては新宮社の別当寺。本尊の阿弥陀如来像(岡山県重要文化財)は小さな寄せ木造りで内部に宝治2(1248)年の墨書銘、結縁衆として賀陽髙親の名前があり備中吉備津宮の神主・賀陽氏の菩提寺であったと考えられている。山門の南側には、俊乗房重源の「南無阿弥陀仏作善集」にある「庭瀬堂」があり、丈六(約5m)の阿弥陀像が奉安されていた。背後の山裾には、竜山石で造られた組み立て式石棺の底石が立てられている。 Tel(086)293-2632

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.