吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

42-新宮社跡

42-新宮社跡

新宮社跡

平安時代の歌謡集『梁塵秘抄』に出てくる神社。明治末期、吉備津神社の摂社・本宮に合祀。『一品吉備津宮社記』によれば祭神は、吉備武彦命。石段を上がったところに「吉備武彦命鎮座跡」と刻んだ大きな石碑がある。吉備武彦命は、古事記、日本書紀に出てくる人物で、日本武尊の副将軍として蝦夷征伐をした古代史で有名な人物。「大日本国一宮記」「延喜式神名帳頭注」には、吉備津宮の祭神は吉備津彦命ではなく、吉備武彦命であるとの記述があり、この新宮跡が古い時代の備中吉備津宮ではないかという研究者もいる。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.