吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

39-庚申堂

39-庚申堂

庚申堂

39-庚申堂

帝釈天 立像

地元では庚申堂を帝釈天と呼んでお詣りしている。60日に一度回ってくる庚申の日に、三尸の虫が体内から抜け出て、天帝に悪口を言い早死にさせる。それを防ぐために、帝釈天を祀り飲食を共にして夜をあかし、日の出を拝んだ場所である。少し前まで途中の山門に10m程もある立派な藁製の双龍があったが傷みが激しく今はない。山は庚申山と呼ばれ、本堂の他に鐘楼、帝釈天の露座立像、宝暦13(1763)年銘の大覚大僧正の塔などがある。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.