吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

38-矢藤治山古墳

38-矢藤治山古墳

矢藤治山古墳

矢藤治山に築かれた3世紀半ばの前方後円墳。平成2〜4年に岡山大学の発掘調査が行われ、中国製の方格規矩鏡、獣形勾玉、鉄斧、向木見型特殊器台、特殊壺などが出土した。特殊器台の文様や形態からは、大和の箸墓古墳よりも古いことになり、日本最古の前方後円墳の一つではないかという研究者もいる。現地には説明板がある。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.