吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

36-妙傳寺

36-妙傳寺

妙傳寺

日蓮宗の寺で題号山妙傳寺。永禄年間(1558〜1570)に備前国津高郡尾上村に、玄成院日戒大徳が開いたとの伝承。場所は現在の尾上八幡宮の北側にあったと考えられている。寛文6(1666)年備前岡山藩主池田光政が行った寺社整理から逃れ、日蓮宗に深く帰依する備中戸川家の領内に寺を移した。移転に際して、それ以前の建立年代、建立地などの全ての資料を隠し、新寺を建立した風を装ったと伝えられている。このため今でも檀家は尾上地区に集中している。 Tel(086)293-0589

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.