吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

32-天満天神社・花尻八幡宮

32-天満天神社・花尻八幡宮

天満天神社

32-天満天神社・花尻八幡宮

花尻八幡宮

菅原道真の神霊を祀った神社。道真は延喜元(901)年に右大臣から太宰権師に左遷され、延喜3(903)年に没した。その後、京では雷火による災害が頻発し、道真の祟りだと考えられ、道真を天神(雷神)として祀るようになった。天神を祀った神社を天満宮といい、北野天満宮、太宰府天満宮は有名。また道真は文人だったので学問の神としても信仰されている。この場所は尾上車山古墳後円部の真南に当たり、昔この場所から被葬者を拝んでいたのかもしれない。また前方部の真南には、応神天皇を祀っている花尻八幡宮がある。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.