吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

29-福田海

山裾の道から福田海への入り口

山裾の道から福田海への入り口

高麗寺仁王門跡から約200m麓に下りると、そこは福田海の境内です。明治33年に中山通幽が、聖徳太子・役行者・僧行基の教えに従い開いた宗教です。教員をしていた通幽は大阪で易の仕事をしながら修験道を修行し、25歳で山伏になりました。彼は陰徳積善を生涯の目標に決めて、無縁仏の供養や霊場や旧跡の修復、更には池や溝の清掃などを自身の修行として取り組みました。昭和2年吉備津に帰郷し、有木の青蓮寺を本拠地として聖徳太子の四福田に真似て福田海と名付けました。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.