吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

27-藤原成親遺跡

藤原成親遺跡

藤原成親遺跡

ダイボーの足跡から北の麓に下りる道を300mほど進んだところに県指定史跡の藤原成親遺跡があります。荒れ果てていた成親の墓所を、明治43年に福田海の中山通幽が整備したもので、約2m四方の石垣に囲まれた場所に小さな墓石と九層の供養塔があります。京都東山の鹿ヶ谷にあった僧俊寛の別荘で平家追討の蜜議を謀り敗れて捕らえられ、治承元(1177)年に備前と備中の境のここ有木の別所に流されました。そしてこの辺りの山荘に幽閉され、やがては平清盛の命によって非業の最期を遂げこの地に葬られました。幕末の歌人・平賀元義は「あたらこの成親ごときよき臣を有木の山のうもれ木として」と歌っています。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.