吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

23-八徳寺

23-八徳寺

八徳寺

中山茶臼山古墳の東側の谷間にあり、古墳の後円部を拝む位置。尾上の天台講中の方が大切にお祀りしている。この場所には、山岳仏教が盛んであった平安時代末期に「高麗寺」の金堂があったと考えられている。周辺の土中からは布目瓦が出土しており、金堂の礎石が列をなしているのが発見されている。明治4(1871)年3月に倉敷県庁に提出された「一品吉備津宮社記」によれば、八徳寺は「波津登玖神社」であり、祭神は「温羅命」となっている。このことから、中山茶臼山古墳には温羅が祀られているとする研究者もいる。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.