吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

22-中山茶臼山古墳

22-中山茶臼山古墳

中山茶臼山古墳

古墳時代前期(4世紀頃)に築かれたと推定される全長105mの大型前方後円墳。四道将軍として大和から派遣された「吉備津彦命」の墓と伝えられ、宮内庁の管理下にある。この古墳を地域では「御陵」と呼んでいる。考古学的調査は行われていないが、墓域からは特殊器台形埴輪が採取されており古い時代の古墳である。吉備津彦命が実在したかは不明だが、南に吉備の穴海が広がり海運の要所であることから、大きな勢力を持った大首長の墓であることは間違いない。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.