吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

16-八畳岩古墳と八畳岩

16-八畳岩古墳と八畳岩

八畳岩古墳

16-八畳岩古墳と八畳岩

八畳岩

八畳岩古墳は古墳時代末期の横穴式石室の古墳で、天井石は落ちている。平成24年5月の清掃中に見つけたもので、このような古墳は吉備の中山には数多くある。 八畳岩古墳の西に大小100を越える岩があり、最大の岩が八畳岩。岩の天井部が平らで畳八畳ほどの広さがあることが名前の由来。八畳岩の前の土中から土師器の破片が多数採集されていることから、この岩は神の依代として、神祭りが行われていた磐座であることがわかる。八畳岩は吉備の中山における代表的な磐座である。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.