吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

14-環状石籬

 

14-環状石籬

環状石籬

大小の岩が並んでいる場所。昭和10(1935)年皇学館大学の高原美忠学長がここを訪ね、著書「神ながらの道」で紹介されたのが名前の起源。著書の中で「配石の状、音江(北海道)のものに似てゐる。但し石は非常に大きい。……早く保存の法を講じてもらひたい。」と述べている。環状石籬とは、縄文時代の配石遺構で、環状に自然石をめぐらした墓で小樽市忍路のものに使われた名称である。しかしこの周囲の歴史、岩の配置などから考えて、これを環状石籬と呼ぶのに異論を唱えている研究者もいる。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.