吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

14-中山茶臼山古墳

 

中山茶臼山古墳

中山茶臼山古墳

岡山市尾上と吉備津の山頂に中山茶臼山古墳があります。古墳時代前期の四世紀頃に造られた古墳は全長約120mの大型前方後円墳です。四道将軍として大和から派遣され吉備の国を治めたと伝える「吉備津彦命」のお墓といわれています。吉備津彦命は第七代孝霊天皇の皇子であることから古墳は「御陵」と呼ばれ、宮内庁の管理下にあり、考古学的な調査や発掘はおこなわれていませんが、墓域からは特殊器台型埴輪(片)が採取されています。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.