吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

12-天柱岩

12-天柱岩

天柱岩

昔この岩は「ヌスト(盗人)岩」とも呼ばれていたが、昭和9(1934)年に中山通幽が「天柱」の文字を刻んだことから、「天柱岩」と呼ばれるようになった。刻んだ文字は、豪渓にある武元登々庵の書いた文字を写し取ったもの。吉備津彦神社の絵図(1814年)には、この岩に「権現岩」の名が記されており、「備前州一宮密記」にある「龍王山の西八合目には、権現の神座と称する巨岩がある」という記述と一致。この岩の下からは鎌倉時代に祭祀に用いられたと考えられる土師器片が発見されている。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.