吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

04-二面石仏

04-二面石仏

山神二面仏

山神にある二面石仏は、岡山県下では最古のもので平安期の作ともいわれている。三角形の二面に彫られた石仏は、作物の豊作を願う「田の神」「山の神」とする説、旅の守り神の「道祖神」という説、村に悪いものが入らないようにした「塞の神」だという説もある。石仏の前にある石は、この辺りにあった白鳳期の「神力寺」の礎石だと伝えられており、石の上部には円形の造出しが確認できる。 尾上の二面石仏は、花崗岩に浮き彫りされているが風化が進んでいる。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.