吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

02-忠魂碑と台石

忠魂碑と刻んだ石の台石はかつての磐座

忠魂碑と刻んだ石の台石はかつての磐座

大守大藤内家宅址から西に約100m先に忠魂碑があります。この忠魂碑の台石は、横が約3m・縦は約2.5m・高さは約1.8mもある大きな岩です。以前、この岩はこの場所よりも後方の一段高い場所にあった磐座だと伝えられています。古い時代には、この磐座の前に社殿があり、その社殿から磐座を、さらにはその先の神体山・吉備の中山を拝んでいたと思われます。古い時代の神祭りを伝える大和の大神神社は、今も社殿から三輪山を拝んでいますが、これと同じ姿が古代の備前吉備津宮にもあったと考えられています。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.