吉備の中山を守る会は吉備の中山の清掃・整備活動を中心に、史跡・遺跡・伝承を地域とともに伝える活動をしています。

02-大守王藤内の家宅跡

02-大守王藤内の家宅跡

王藤内家宅跡

大守氏は備前の豪族難波氏の一族で、平安期から明治まで代々王藤内(大藤内)を名乗り、備前吉備津宮の社家頭(筆頭の神職)を継ぐ家柄である。屋敷は、はじめ西辛川の高室にあったが、慶長年間(1596〜1615)にこの地へ屋敷を移したと伝えられている。家宅跡は、土塀の一部と家宅跡を示す石碑を残すのみ。昭和30年代の後半までは、立派な薬医門があった。土塀に沿って積み上げられている長い石材は、昔、正面大鳥居前の川にかけられていた石橋である。

会員募集・お問合せ

※お問合せは郵送・お電話にて受付ています。
『吉備の中山を守る会』事務局
 〒701-1212
 岡山市北区尾上363 石井方
 TEL:090-6437-5195(鷹取)
 入会申し込みPDFはこちら

  • facebook

獅子舞・テーマソング紹介



PAGETOP
Copyright © 吉備の中山を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.